マツダ、デミオの魅力を語る

僕の愛車はマツダのデミオです。コンパクトカーでは珍しいディーゼルでMT車です。昨年、思い切って新車で購入して、1年乗っていますが、とても気に入っています。まずは、燃費が素晴らしい!!

車が少ないところで走ると、なんと軽油でリッター30km走ってしまいます。田舎の国道を走っている時なんか、リッター37km走っていて、ハイブリット顔負けの燃費をたたき出しています。街中でも、23~4kmは出ていると思います。年譜畏敬を見ながらエコドライブするのが楽しみになりますよ。

以前乗っていた車がハイオクでリッター10km走らなかったから、ガソリン代が、3分の1以下に減っています。なので、お財布にとっても優しい車になっています。デミオのいいところは、燃費だけじゃあありません。ディーゼルで、しかもMT(6速)、ターボ車なので、走りも快適です。高速でも山道でも、快適に走れちゃいますよ。

しかも、ディーゼルなのに、エンジン音もとても静かで、友達を乗せるとみんなびっくりするんですよ。デザインも格好良く、オプションカラーのソウルレッドは他社の赤い車と違って、独特でかっこいいですよ。今の電気尾は、以前のモデルとは別の車みたいにデザインがかっこよくなっています。しかも、同クラス、同価格帯のフィットやスイフトなどのコンパクトカーに比べて、内装も豪華で、高級感があります。経済的で走りよく、かっこいい全てを兼ね備えたいい車ですので、これからコンパクトカーを考えている方にはおすすめですよ。